本格的に楽器を始めた頃から、履歴書などに趣味を書く場合には「音楽」を入れている。バンド活動が人生にとてつもなく影響を与えてはいるが、プロ志向のバンドで活動した訳では無いので、あくまでも趣味である。
  20代半ばでバンド活動を辞めてからは、遊びで個人演奏をするか、昔やってたという仲間と出会うと遊びで合わせたりする程度で、本当に数ある趣味の中の一人になってしまっている。そんな状態にもかかわらず、家には楽器が大量。その理由は「楽器いじり」も趣味だから。「楽器いじり」というのは、楽器のリペアや再生、改造などのこと。
 ちょうどガンプラ世代で、ホビーやらDIYが好きな私が、ハードオフというジャンクの聖地に出会ったのが、かれこれ20年前。どっか壊れているギターやベースを買ってきては修理したりパーツ交換したりしているうちに詳しくなってしまい、今では塗装やらフレットの打ち換えや擦り合わせなんかまで手を出すように。一時期は直した物をヤフオクで売っていたぐらい。娘が高校の学祭で使ったギターもすべてジャンクからの再生品。
 この楽器いじり、ほとんどの知識はネットの個人ブログなんかから得たもの。だから、フィードバックじゃないけれど、これからこのブログでも、この楽器いじりを紹介していければと思っている。
 ちなみに、こういった作業をリカオンCWMが仕事として引き受けている訳では無いのでご注意を。人様の楽器を預かってメンテナンスやら改造したりという自信はないので。まあ、1万円台のギターぐらいなら考えてもいいけど・・・。